先輩の声

FILE NO. 06 2012年入社 DX事業推進本部 若松 輝さん

働きやすく、多様性が認められる会社

大学生時代に個別指導講師のアルバイトを約3年半経験した中で、勉強が苦手な子どもたちに学校の先生よりもより身近な立場で関わることができる塾の先生という仕事にやりがいを感じ、塾業界を志望することを決めました。
8年目のときに大きな心境の変化があり、ITスキルを個人的に学び、それを活かせる仕事を希望するようになりました。そのことを相談した際、私の意向を汲んでくださり、ここまで色々なことにチャレンジさせていただきました。社員の主体性を尊重してくださり、自身の意向も伝えやすい風通しの良い職場であると感じています。
講師として入社しましたが、現在はDX事業推進本部という部署でデジタルツールやIT機器を用いた社内の業務効率化やデジタルマーケティング、Web制作など、幅広い仕事に関わらせていただいています。

Q&A

仕事のやりがいは?
ありがちな回答かもしれませんが、やはり「ありがとう」の言葉をいただけた際にやりがいを感じます。社内で使用するデジタルツールの仕様や運用の質問・相談にお答えしたり、こちらからご提案によって他部署の業務効率化が達成されたりした際など、日々頂戴する感謝の言葉が原動力となっています。
成功談・失敗談はありますか?
集団指導から自立学習の塾部門に異動した際、既存の仕組みでの生徒情報や売上情報の管理、教室運営に限界を感じ、当時は全く使いこなせていなかったExcelの数式やVBAを学習して自校舎の運営に取り入れていきました。これにより日々のルーティン業務の大幅な時間削減ができました。それを認めていただき、自立学習の塾部門全体で自身が作ったツールを活用していただけることとなり、そちらをきっかけに現在会社全体のシステム構築に関わらせていただくことにまでなりました。
今後のキャリアは?
今後はマーケティングが主な業務となるため、Web解析やデジタルマーケティングにより力を入れ、データに裏付けされた会社運営の一助となるような働きをしていきたいです。そのためにGoogleの各種資格の取得を考えています。
また、プログラミングの学習が進んだら基本情報技術者試験などの実務系の資格も取得して、そのスキルを業務でも活かしていきたいです。
休日の過ごし方は?
休日は猫2匹と妻とのんびりと過ごしたり、プログラミングスキルの向上や資格取得のための学習をしたりしています。また、現在は新型コロナウイルスの影響でほとんど開催されていませんが、自由参加の社内イベントサークルもありますので、社員同士の交流の機会もあります。
学生へのメッセージ
学研スタディエは、主体性や行動力があれば様々な活躍の場が広がっている会社であると感じています。実際、私のように塾の先生として入社して、先生以外の立場で活躍の場を与えていただいている方が他にも多数存在します。また、私が入社してからのこの10年だけでも、より働きやすく、より多様性が認められる会社に変化していると日々実感しています。
学研スタディエにご興味を持っていただいた学生のみなさん、同じ会社で一緒に働くことができる日を楽しみにしております!